TBSアナが絵本読み聞かせ 親子のステイホームを支援

[ 2020年5月25日 04:00 ]

絵本の読み聞かせ動画を配信するTBSのアナウンサー。(左上から時計回りで)蓮見孝之、山本恵里伽、日比麻音子、国山ハセンの各アナウンサー
Photo By 提供写真

 TBSのアナウンサー陣が絵本の読み聞かせ動画で親子のステイホームを支援する。講談社の協力のもと、11作品をYouTubeのTBS公式チャンネルなどで配信する。

 自撮り映像などで届ける企画。11作のうち3作は講談師神田伯山(36)監修の「講談えほん」で、アナウンサーが講談の世界を紹介。また、そのほかの作品には、企画に賛同したピアニストの清塚信也(37)が参加。物語を引き立てる音楽付き作品も公開される。

 「NEWS23」のキャスターを務める山本恵里伽アナ(26)は、きょう25日公開の「たとえば、せかいが ゴロゴロだったら」を担当。清塚の音楽に感動した様子で「場面によって曲調が変わるので注目して聴いてみてください」とアピールした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月25日のニュース