八千草薫さん愛用のベンチ、26日から一般公開 千葉「森の墓苑」に寄贈

[ 2020年5月25日 05:30 ]

日本生態系協会が運営する「森の墓苑」に寄贈された八千草薫さんが愛用していたベンチ
Photo By スポニチ

 昨年10月にすい臓がんのため亡くなった女優の八千草薫さん(享年88)が自宅の庭で愛用していたベンチが日本生態系協会が運営する「森の墓苑」(千葉県長南町)に寄贈され、26日から一般公開される。

 八千草さんは2000年から同協会の理事を務め、昨年5月26日に同所で行われたイベントに出席。がん公表後初の公の場で、最後の場ともなった。ベンチは房総丘陵を望む場所に常設。同協会は「自然を愛された八千草さんを思いながら、ゆっくりと自然を楽しんでいただきたい」としている。写真集などゆかりの品々も6月30日まで展示。一周忌に合わせて、しのぶ会も予定している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年5月25日のニュース