安藤優子キャスター 緊急事態解除で安倍首相に「“明日も頑張ろう”よりも、根拠を示して」

[ 2020年5月20日 15:52 ]

安藤優子
Photo By スポニチ

 ニュースキャスターの安藤優子氏(61)が20日、フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜後1・45)に出演。政府が新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言を継続している8都道府県について、21日に専門家の意見を踏まえて総合的に判断することに言及した。

 政府は、京都、大阪、兵庫の近畿3府県の一括解除を検討中。首相は14日に8都道府県を巡り、可能であれば31日の期間満了を待たず解除する考えを表明している。

 安藤氏は「例えば関西圏が解除ということになった時に、前回に緊急事態宣言を一部解除する時に数値が示されなかったんですよ。いわゆる科学的なエビデンスっていうんですか、専門家がよく使われる言葉を借りると。そういうものが示されなくて今回はそういうものが示されるのか」と指摘。そして、「なぜこういう判断に至ったのかという、大きな政治的なブラックボックスではなく、こういうことがあるから判断に至りましたっていうものを示していただきたいって思う。“明日も頑張ろう”と言われるよりも、根拠を示してほしい」と話した。

 ◇緊急事態宣言の解除基準 政府は14日に改定した基本的対処方針で、感染状況を巡る目安として「直近1週間の新規感染者数の合計が人口10万人当たり0・5人程度以下」を提示した。そのほか(1)患者が急増しても対応できる医療体制が確保されている(2)医師が必要とするPCR検査が遅滞なく行える体制の整備―を挙げた。解除する際は、これら3つの基準を踏まえ「総合的に判断する」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年5月20日のニュース