高須院長 テドロスWHO事務局長の見解に「今さらなんだよ」「詫びは?」

[ 2020年4月28日 20:34 ]

高須クリニックの高須克弥院長
Photo By スポニチ

 高須クリニックの高須克弥院長(75)が28日、自身のツイッターで世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が出したコメントに怒りを見せた。

 高須氏は世界保健機関(WHO)のテドロス氏が「新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)は当分終わらない」との見解を示したとの記事を引用。

 その上で高須氏は「『大丈夫だ。たいしたことない。フェイクニュースだ。マスクなんかいらない。』と自信たっぷりに言うから、日本政府は騙されて、春節に沢山の中国のお客さんを大歓迎して、おもてなしちゃったではないか」と、怒りの絵文字を交えてつづり、「テドロス事務局長、今さらなんだよ」とWHOの初動ミスを責め立てた。

 最後に高須氏は、皮肉たっぷりに「詫びは?」と締めていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年4月28日のニュース