岡江さん 大和田獏の名前連呼する「ふざけた歌」にも「すっごいおもしろかったわあ」 野沢直子明かす

[ 2020年4月24日 15:23 ]

野沢直子
Photo By スポニチ

 3月から外出自粛令が出ている米国サンフランシスコ在住のタレント・野沢直子(57)が24日、自身のブログを更新。新型コロナウイルスによる肺炎で前日23日に63歳で亡くなった女優の岡江久美子さんを追悼した。

 「誰からも愛される方」のタイトルで更新したブログで「岡江久美子さん、悲しいです」と書き出した野沢。約30年前、野沢は岡江さんの夫である俳優・大和田獏(69)の名前を連呼する「おーわだばく」という「ふざけた歌を作り、それを深夜番組で歌ったことがあるのですが、、」と振り返り、オンエアのすぐ後にテレビ局の廊下で偶然遭遇した岡江さんとのエピソードをつづった。

 「岡江さんは私の顔を見るなり『あ!』と言って笑い出し、、私が岡江さんに走り寄って、『す、すみません。あの、私、ご主人の名前の歌を、あの、あの、、』と焦りながら言うと、『いいの、いいの、全然いいの。私ね、あれ観たのよ。すっごいおもしろかったわあ。本人もね、きっと嬉しいと思う』と、ずっと笑いながらおっしゃってくださいました。『ほんとにいいのよー、面白いもん。なんかね、逆にそういうのやってくれて嬉しいの』とまで言ってくださり、なんて優しい方なんだろうと思っていました」と野沢。その後、大和田とも雑誌で対談。大和田も「本当に優しく、私のそんなふざけた歌のことをとても喜んでくださっていました」と夫妻の人柄に感謝した。

 「志村けんさんが逝ってしまわれて、またこんなに誰からも愛されている方が逝ってしまうなんて。信じられないです」と新型コロナで奪われた命に思いをはせた野沢。「謹んでご冥福をお祈りいたします」とブログを結んでいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2020年4月24日のニュース