ジャニーズ マスク50万枚&防護服3万3000着寄付!コロナと闘う医療機関へ8000万円相当

[ 2020年4月18日 04:00 ]

ジャニーズ事務所の外観
Photo By スポニチ

 ジャニーズ事務所は17日、新型コロナウイルスの対応に当たる医療機関を支援することを発表した。コロナ患者の受け入れ先で不足しているマスクと防護服を寄付する。医療崩壊の危機が叫ばれる中、物資で医療従事者を支えていく。

 発表によると、マスクを50万枚(医療用マスク30万枚・抗菌マスク20万枚)、防護服(隔離服)を3万3000着準備した。4月末から必要とする医療機関に順次届ける。関係者によると、物資は事務所と取引のある関係各所を通じて調達した。医療関係者を通じて納品する予定で、どの医療機関に届けるかは今後協議していく。物資は約8000万円相当になるという。

 支援のきっかけは、昨年7月に他界したジャニー喜多川前社長の入院先だった日赤医療センター(東京都渋谷区)だ。同センターはコロナ患者を早期から受け入れており、今月放送されたテレビ番組で厳しい現状が伝えられた。ベッドが常に満床状態の中、医療用物資は今月末に底をつく。「闘う武器がない」と訴える医師の姿を関係者が見て支援を決めた。

 また、新たに有料の動画配信サービスの準備を進めている。サービスで得た一定期間の収益を物資の購入費に充て、同じく医療機関に届ける。ファンが動画を見ることで支援に参加できる仕組みだ。

 同事務所は「感染拡大を抑制し、医療崩壊を防ぐために日々をどう過ごし、私たちはどのように行動すべきかをジャニーズグループ一丸となって考えてまいりたいと思います」とコメントした。

 今回の支援活動は、18年に事務所内に立ち上げた「ジャニーズ・スマイルアップ・プロジェクト」の一環。幅広く社会貢献・支援活動を行うプロジェクトで、昨年は台風15号の被害に遭った千葉県館山市で所属タレントが炊き出しを行った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月18日のニュース