テレ東社長 五輪延期に「大枠については慌てず」対応可能を強調

[ 2020年3月26日 15:21 ]

テレビ東京
Photo By スポニチ

 テレビ東京の小孫茂社長は26日の定例会見で、東京五輪の延期について「ある程度、この1カ月くらい、不安が出たときから代替策は検討しろと指示した。ある程度の大枠については慌てずにできる」と対応できることを強調した。

 その上で「具体的にはこれから」と付け加えた。

 テレビ東京は、五輪中継のメインキャスターに小泉孝太郎(41)を、応援団長にTOKIOの国分太一(45)を起用。

 中継は、卓球シングルスの男女準決勝と女子3位決定戦・決勝、団体の男女準決勝など「60時間強」ほど予定した。時間数はリオデジャネイロ五輪の35時間を大幅に上回る編成だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年3月26日のニュース