乃木坂46・井上小百合 4・27卒業向け舞台に全力投球「世の中を明るくしたい」

[ 2020年3月26日 15:15 ]

ミュージカル「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」をPRする乃木坂46・井上小百合
Photo By スポニチ

 ミュージカル「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」(東京・有楽町シアタークリエ)に出演中の乃木坂46・井上小百合(25)は26日、大阪・新歌舞伎座(4月20~27日)での公演を前に大阪市内で会見に臨み「世界的に暗い気持ちになってますが、この作品で世の中を明るくしたいです」と意欲を見せた。

 主人公・シーモアが恋する花屋の店員・オードリーを演じる井上。舞台が決まってから同作の映画を鑑賞し「オードリーはとんでもなく変わっていて、難しい役。役作りは難しい」と腹をくくったそうだ。だが、スタッフから「井上さんそのものでいい」と言われた。実際、通し稽古が始まる間際に突然、カップ麺を作り始めて周囲を驚かせる天然ぶりを発揮。「演じていて、ストレスが少ないんで」と“適役”に苦笑いだ。

 井上は昨年10月、個人ブログでグループからの卒業を発表。公式ブログで「4月27日をもって乃木坂46から卒業させていただきます!」と報告した。3月27日まで東京で公演して、その後は山形、愛知、静岡へ。井上が乃木坂46の一員として舞台に立つのは大阪・上本町「新歌舞伎座」での26日が最後となる。

 「大阪のお客さんは反応がいい。関西人を笑わせたいですね」と大阪での公演を楽しみにしており、「1回1回を千秋楽のつもりで、何も悔いの残らないように、大事にやっていきたい」と全舞台を全力投球する構えだ。乃木坂46卒業セレモニーは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため現時点では未定となっている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年3月26日のニュース