愛ある“ボヤき解説”が人気だったノムさん TBS「S☆1」プロデューサー「野球界を思ってのこと」

[ 2020年2月12日 05:30 ]

野村克也さん死去 ( 2020年2月11日 )

野村克也氏
Photo By スポニチ

 野村さんは2010年からTBSのスポーツ番組「S☆1」の解説者を務め、安定の“ボヤき解説”が人気だった。八代田俊平プロデューサーは「選手、監督時代の豊富な経験を基に説得力のある解説をしていただいた。厳しい言い方もされていたが、全ては野球界を思ってのこと。選手を傷つけず、愛を持って言ってくださる姿が魅力的でした」と振り返った。

 近年は球場ではなく、局内でテレビ観戦しながら解説。「扱う試合によって、局に来る時間も変わる。ご高齢なので申し訳なく思っていたが“野球が好きだから大丈夫だよ”とおっしゃってくださった。スタッフに対してボヤくことはなく、とても温厚な方でした」と振り返った。

 今季もこれまで通り解説を務める予定だった。「視聴者の方が持つ番組のイメージにおいて、野村さんという存在は大きかった。本当にありがとうございました」と感謝した。番組では今週末の放送で追悼コーナーを設ける予定。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月12日のニュース