戸田恵梨香主演「スカーレット」第18週平均視聴率19・8%

[ 2020年2月10日 10:11 ]

戸田恵梨香
Photo By スポニチ

 女優の戸田恵梨香(31)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜前8・00)の第18週の平均視聴率が19・8%(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区)だったことが10日、分かった。

 第1週の平均は19・8%で、1週目の平均としては「ひよっこ」(17年前期)以来、5作ぶりの大台割れでスタート。第2週は平均で20・2%、第3週は19・7%、第4週は18・9%、第5週は19・1%、第6週は20・2%、第7週は20・0%、第8週は19・4%、第9週は19・5%、第10週は18・7%、第11週は19・1%、第12週は19・8%、第13週は19・2%、第14週は18・2%、第15週は18・6%、第16週は19・3%、第17週は19・1%と推移していた。

 各日の番組平均は3日=19・0%、4日=19・3%、5日=20・4%、6日=20・3%、7日=20・6%、8日=19・3%だった。

 朝ドラ通算101作目。タイトルの「スカーレット」とは「緋色」のこと。フジテレビ「夏子の酒」「妹よ」「みにくいアヒルの子」、日本テレビ「ホタルノヒカリ」などで知られる脚本家の水橋文美江氏(55)が朝ドラに初挑戦するオリジナル作品。“焼き物の里”滋賀・信楽を舞台に、女性陶芸家の草分けとして歩み始める1937年(昭12)大阪生まれのヒロイン・川原喜美子(戸田)の波乱万丈の生涯を描く。3月28日まで全150回。

 第18週は「炎を信じて」。大阪から戻ってきた喜美子(戸田)は、穴窯の薪代をまかなうために借金をする。八郎(松下洸平)とは別居が続く。一方、百合子(福田麻由子)と信作(林遣都)は、ようやく結婚写真を撮影。喜美子の穴窯の失敗は6回に及ぶが、諦められない。マツ(富田靖子)の手紙を受けて、草間(佐藤隆太)が信楽にやって来る。草間に話をしたことで喜美子の決意は一層強くなる。長時間窯を焚くという喜美子に、八郎は心配して猛反対する。しかし、喜美子は押し切って7回目の窯焚きを始める。ついに窯の上部が破れて炎が上がるが、喜美子は信念のもとに薪を投げ入れ続ける。そしてついに理想の色の焼き物を手にする。陶芸家・川原喜美子をちや子(水野美紀)が取材に訪れる。7年後、喜美子は陶芸の実績を上げ、個展も開いている。息子の武志(伊藤健太郎)は高校2年生で進路に悩んでいる。陶芸への興味はあるが、家族を顧みず突き進んだ喜美子の厳しい生き方を目の当たりにし、迷っているのだ。喜美子と八郎が5年前に離婚したのち、信作は八郎からの手紙を武志のもとに運んでいた。武志は、八郎に再会して相談し、陶芸を学ぼうと大学受験を決める…という展開だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月10日のニュース