寺島進主演「駐在刑事 Season2」初回8・6%で好発進

[ 2020年1月27日 12:22 ]

俳優の寺島進
Photo By スポニチ

 俳優の寺島進(56)が主演を務めるテレビ東京のドラマ「駐在刑事 Season2」(金曜後8・00)が24日にスタートし、初回(第1話)の平均視聴率は8・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で好発進したことが27日、分かった。

 「水曜ミステリー9」の人気シリーズとして4本制作され、2017年10月のスペシャルドラマを経て18年10月期に連続ドラマとして放送された人気作の第2弾。元警視庁捜査一課の敏腕刑事で、現在は奥多摩の人々に“駐在さん”として親しまれている警察官・江波敦史(寺島)の活躍を描く。

 18年放送の前作では初回に10・1%で好発進をして同局の全ドラマのうち、15年10月期「釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~」初回の10・8%以来3年ぶりとなる2桁で“快挙”を達成するなど注目を集めた。

 第1話は今は水根駐在所の駐在刑事として住民たちから親しまれている江波(寺島)が、変死体として見つかった酒造専務・黒田洋一郎(堀部圭亮)を殺した犯人の捜査を独自に開始して…という展開だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月27日のニュース