田村亮 芸能活動再開を報告 175日ぶりツイッター更新「これまでの事をしっかりと反省し…」

[ 2020年1月11日 21:44 ]

「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮
Photo By スポニチ

 ロンドンブーツ1号2号の田村亮(48)が11日、自身のツイッターを更新し芸能活動再開を報告した。

 田村は闇営業問題で宮迫博之(49)とともに会見した7月20日以来、175日ぶりにツイッターを更新し「この度、吉本興業から謹慎解除を受けて、芸能活動を再開する事になりました。これまでの事をしっかりと反省し、ご迷惑おかけした全ての人に応えられるよう活動していきたいと思います」とつづった。

 吉本興業は前日10日、同日をもって芸能活動を再開すると発表。相方の田村淳(46)が新設した会社「LONDONBOOTS」に所属し、吉本と専属エージェント契約を締結する運び。今月中にもコンビで舞台に立ち、本格始動する見通しとなっている。

 亮は雨上がり決死隊の宮迫らとともに、反社会的勢力との間で、事務所を通さず直接ギャラを受け取る闇営業を行っていたことが昨年6月に発覚し、謹慎処分を受けた。同7月に吉本とたもとを分かち、宮迫と会見を強行。「圧力で謝罪会見を開けなかった」などと涙ながらに主張し、契約解除を申し入れた。その後、精神的に疲弊し「適応障害」と診断を受けた。

 放送関係者によると謹慎期間中は療養に努めつつ、老人ホームの慰問や屋久島への一人旅などを行った。昨年秋ごろには復調。芸能活動への意欲を見せたことから「淳さんを通じ吉本と復帰に向け話し合いを進めていた」という。

 相方の田村淳(46)はこの日、パーソナリティーを務める文化放送「ロンドンブーツ1号2号田村淳のNews CLUB」で、「まずは2人でトークライブをやれればいいなと昨日から動きだしてる」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月11日のニュース