古舘寛治&滝藤賢一「コタキ兄弟と四苦八苦」ヒット祈願「とにかく見て」テレ東が“レンタル”参拝客にPR

[ 2020年1月10日 17:00 ]

ヒット祈願を行った(左から)古舘寛治と滝藤賢一(C)「コタキ兄弟と四苦八苦」製作委員会
Photo By 提供写真

 俳優の古舘寛治(51)と滝藤賢一(43)がダブル主演を務めるテレビ東京のドラマ24「コタキ兄弟と四苦八苦」(金曜深夜0・12)は10日深夜にスタートする。このほど、古舘と滝藤がヒット祈願を行った。

 TBS「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」、日本テレビ「獣になれない私たち」などの野木亜紀子氏によるオリジナル脚本で、映画「天然コケッコー」「苦役列車」、テレビ東京「山田孝之の東京都北区赤羽」などの山下敦弘監督(43)が全話演出を担当。深夜ドラマながら前評判が高い。

 1時間1000円の“レンタルおやじ”に挑む愛すべきダメおやじ2人、兄・一路(いちろう、古舘)と8年ぶりに再会した弟・二路(じろう、滝藤)を通して紡ぐ人間讃歌コメディー。一路が足繁く通う「喫茶シャバダバ」の看板娘・さっちゃんを芳根京子(22)が演じる。

 このほど、テレ東宣伝部が古舘と滝藤をレンタルし、ドラマのPRを依頼。2人は東京・新宿の須賀神社を訪れ、この日のために用意した番組オリジナルクッキー「四苦八苦ッキー」を初詣の参拝客らに配布した。

 依頼をやり遂げた2人はテレ東バナナ社員・ナナナから、ドラマ内と同じレンタル料金1000円(1人500円)を受け取り、絵馬にヒット祈願。

 古舘は「テレ東にレンタルされて参拝客の皆さんに四苦八苦ッキーを配りました!皆さん、見てくれるかな?いよいよ10日の深夜から始まります!私、古舘寛治渾身の新ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』見てぇーーー!」、滝藤は「四苦八苦ッキー、盛り上がってよかったです。ナナナからもらったレンタル料でヒット祈願もしましたし、とにかくドラマを見てほしい!一番の注目ポイントはオープニングの古舘さんのダンスです!ぜひ見てください!」とアピールした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月10日のニュース