ナイツとミルクボーイが「お笑い演芸館+」で共演!塙「コーンフレークネタ15分やって」

[ 2020年1月10日 12:00 ]

お笑いコンビ、ミルクボーイ
Photo By 提供写真

 「M-1グランプリ2019」を制したお笑いコンビ、ミルクボーイが2月13日放送のBS朝日「お笑い演芸館+(プラス)」(木曜後9・00)に出演。司会を務めるナイツと共演を果たす。

 古今東西の笑いが結集する「お笑い演芸館+」。昨年、見事王者に輝いたミルクボーイを筆頭に、M―1で活躍したオールスター芸人が集合。ミルクボーイ、ぺこぱ、からし蓮根、オズワルドら昨年のM―1ファイナリストたちに加え、サンドウィッチマン、中川家、霜降り明星ら歴代王者も登場。ナイツのホームグラウンドである浅草「東洋館」で珠玉の長尺ネタを披露する。

 昨年のM―1決勝では審査員を務めたナイツ塙宣之(41)がミルクボーイのネタに99点をつけて高く評価。今回、ミルクボーイとナイツの共演が実現するが、実は番組プロデューサーの和田健作氏が決勝前に優勝を予想し、キャスティングしたという。

 和田Pは「ミルクボーイさんを初めて拝見したのは、昨年3月の大阪漫才博覧会という吉本主催のネタ見せライブでした。70組ほどの芸人が出演するライブで、ネタ尺は1組2分程度でしたが、ツッコミの内海さんが昭和の漫才師のような見た目で“いまどき珍しい人だな”程度に思ったことを記憶しています。当時は『サイゼリヤ』をテーマにした漫才をされていましたが、ネタが短すぎて、面白さがあまり分からず、当時はキャスティングとまではいきませんでした」と最初の印象をコメント。

 「2回目にお見かけしたのが、M―1グランプリ準決勝の会場でした。ここで『コーンフレーク』のネタを初めて拝見しましたが、皆さんご存じの通り、衝撃的でした。準決勝でもミルクボーイさんがダントツでした。後出しになってしまいますが、この時点で優勝するだろうなと確信。そのくらい別格に面白かった。その翌日、番組の打ち合わせがあり、ぜひミルクボーイさんをということで、優勝前に番組にキャスティングさせていただきました」とオファーの経緯を説明した。

 「番組MCのナイツ塙さんは、M―1でミルクボーイさんに99点を付けました。そのあたりも舞台上で詳しく話していただこうと思います。お楽しみに」と和田P。

 ナイツの塙は番組初出演するミルクボーイへ「『お笑い演芸館+』は長尺のネタをできる番組なので、コーンフレークのネタを15分やってもらいたいです!」と冗談を交えてエールを送った。

 【出演予定者】サンドウィッチマン、オール阪神・巨人、中川家、霜降り明星、銀シャリ、ミルクボーイ、ぺこぱ、からし蓮根、オズワルド

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月10日のニュース