横浜流星、空手世界一のキック披露 那須川天心「チャンピオンいけたと思う」

[ 2020年1月5日 21:16 ]

俳優の横浜流星
Photo By スポニチ

 俳優の横浜流星(23)が5日放送の日本テレビ「行列のできる法律相談所 私が会いたい人3時間SP」(日曜後7・00)に出演。学生時代から注目していたという格闘家とスパーリングした。

 強烈なキックを武器に極真空手の国際試合で優勝し、世界1位に輝いたこともある横浜。昨年のブレークランキングは1位で、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだが、会いたい格闘家との関係は学生時代にまでさかのぼる。道場、年齢が違うため試合をすることはなかったが「年下であんなすごい選手いるのか…」とずっと注目していたという。今回「スパーリングをやりたい」という夢が実現することとなった。

 その格闘家とは34戦34勝でキックボクシング最強の男、那須川天心。那須川は「(横浜とは)試合会場でよく話していて仲良かった」といい「めちゃめちゃ強くてかっこよかった。もしキックボクシングをやっていたら、チャンピオンいけたと思う」とその実力を絶賛。

 まずは手始めに那須川のワンツーパンチをミットで受ける横浜。笑顔で「強い!」と現役時代を思い出している様子。次にキックも受け、反動で後ずさりするもしっかり受け止めた。MCの明石家さんま(64)は「天心ずっとなめてた、ごめん」と強さを実感していた。

 その後、横浜が那須川にキックをすることに。那須川にも引けを取らない速さの蹴りを披露すると、スタジオから驚きの声が上がった。那須川は「全然なまってないです」と語り、力士の炎鵬(25)も「パワーが体の大きさからは想像つかない」と称賛していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月5日のニュース