中村橋之助 「おめでとう!」に苦笑いも交際否定せず 新春浅草歌舞伎初日で鏡開き

[ 2020年1月3日 05:30 ]

<新春浅草歌舞伎・初日鏡開き>酒を振る舞う(左から)中村隼人、坂東新悟、中村歌昇、尾上松也、坂東巳之助、中村米吉、中村橋之助(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 1日付のスポニチ本紙報道で京都祇園の元No・1芸妓(げいこ)との結婚を視野に入れた真剣交際が明らかになった歌舞伎俳優の中村橋之助(24)が2日、東京・浅草公会堂で「新春浅草歌舞伎」(26日まで)の初日を迎え、鏡抜きを行った。報道陣から交際について聞かれると「まだまだです。お芝居、芸の勉強をさせていただきます」と否定することなく、笑顔で対応した。

 イベントでは橋之助がマイクを持つと、すかさず坂東巳之助(30)から「結婚するんですか?」とイジられる場面も。報道陣から多数のフラッシュを浴びるなか、観客から「おめでとう!」の掛け声も飛び、苦笑いを浮かべていた。

 公演ではトップバッターとして成駒屋の伝統芸「花の蘭平」に登場。初々しくも力強い舞踊を披露し、万雷の拍手を浴びた。客席では母の三田寛子(53)も息子の晴れ舞台を見守っており、演目終了後にはひいき筋に笑顔で対応をしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月3日のニュース