カントリー・ガールズが“ラストライブ” 里田まい&嗣永桃子も見守る

[ 2019年12月27日 05:30 ]

ラストコンサートを行ったカントリー・ガールズ(左から)船木結、山木梨沙、森戸知沙希、小関舞
Photo By 提供写真

 ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「カントリー・ガールズ」が26日、都内でコンサートを行い、5年間の活動を休止した。

 スーパーバイザーの里田まい(35)、「ももち」こと嗣永桃子元プレーイングマネジャー(27)も見守る中、デビュー曲「愛おしくってごめんね」などを披露した。最後のあいさつでは全員が涙。引退する山木梨沙(22)は「これから一般人ですが、つらい時も今日までの思い出が支えてくれる」と話した。今後、メンバーを一新し再始動する予定。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月27日のニュース