秋元康氏、史上最多4作品受賞 レコ大優秀作品賞「本当に光栄に思います」

[ 2019年12月17日 05:31 ]

秋元康氏
Photo By スポニチ

 第61回日本レコード大賞(主催日本作曲家協会)は16日、東京・赤坂のTBSで13賞41組に対する表彰式を行い、秋元康氏(61)が優秀作品賞を史上最多の4作品で同時受賞した。

 それぞれプロデュースも手掛けた欅坂46の「黒い羊」、AKB48の「サステナブル」、乃木坂46の「Sing Out!」、日向坂46の「ドレミソラシド」を作詞したことに対して。

 秋元氏は受賞式に初めて出席。スピーチで、「61回ということで、私も61歳になりまして、生まれた時からレコード大賞を見ておりました。そして、20代前半だったんだと思うんですけど、(放送作家として)レコード大賞の台本も書きました」とレコ大への親しみを強調した。

 そして「非常に深い関わりのあるこの日本レコード大賞の一翼を担えて本当にうれしく思います。本当に光栄に思います。どうもありがとうございました」と頭を下げた。

 優秀作品賞10曲のうち、1人で4曲を受賞したのは史上最多。1996年に安室奈美恵(42)の「Don’t wanna cry」、華原朋美(45)の「I’m proud」、globeの「DEPARTURES」の計3作品でプロデュースなどを手掛けた小室哲哉氏(60)を超えた。

 今回でAKB48は通算11回目の出場となり、優秀作品賞を受けたのは10年連続。日向坂46は初受賞となった。乃木坂46は、「公式ライバル」のAKB48も果たせなかった3連覇が懸かる。達成すれば、01~03年の浜崎あゆみと、08~10年のEXILEに続いて3組目の史上最多連続記録となる。

 大賞を決める最終審査会は30日。令和初の頂点を計10組で競う。大賞候補の優秀作品賞はほかに、「ECHO」Little Glee Monster、「片隅」三浦大知、「純烈のハッピーバースデー」純烈、「大丈夫」氷川きよし、「P.A.R.T.Y.~、ユニバース・フェスティバル~」DA PUMP、「パプリカ」Foorinも受賞。

 30日はTBSが「第61回輝く!日本レコード大賞」の番組名で午後5時30分から生中継する。
 

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月17日のニュース