二宮和也 2ショット年賀状!? 結婚後初の謹賀新年「写真とかも作らなくちゃ」

[ 2019年12月17日 05:30 ]

フォトセッションで特製ポストに年賀状を投函する嵐の櫻井翔(左)と二宮和也
Photo By スポニチ

 嵐の二宮和也(36)、櫻井翔(37)が16日、都内で2020年用年賀状の受け付け開始セレモニーに登壇した。二宮は11月12日に2歳年上の元女性アナウンサーと結婚後、報道陣の前に初めて姿を見せ結婚生活について語った。

 イベント終了後に取材に応じた二宮は「普通というか変わらないです」と笑顔。報道陣から「今年から年賀状も連名ですね」と聞かれると「そうなりますね。全然考えてなかったですけど、写真とかも作らなくちゃ」と夫婦の写った年賀状を用意することを示唆した。

 11月12日に結婚を電撃発表したことについては「こういう報告はどうしても突然になってしまう。自分としてはグループが20周年を迎えて、国民祭典の奉祝曲という大役も終えて、一区切りというのがあそこだった」と説明。ファンに向けては「結婚しても変わらず二宮和也として、嵐として頑張っていきたい。変わらず応援していただけたら」とメッセージを送った。

 イベントでは二宮と櫻井が嵐のメンバーに向けたコメントを入れた年賀状を公開。二宮は「20年の感謝とともに、21年目も歩いて行こう」、櫻井は「この4人とでないと見られない景色がある 何度目か分からないありがとうをこれからも何度も言えますように」とつづった。櫻井は「要するに2人とも同じ思いってことですね」と笑顔を見せていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月17日のニュース