松本人志、新井浩文被告の“悪循環”を指摘「全く納得していないんでしょうね」

[ 2019年12月8日 12:02 ]

「ダウンタウン」の松本人志
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(56)が8日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして強制性交罪に問われ、懲役5年の実刑判決を受けた元俳優・新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)被告(40)について言及した。

 東京地裁は「施術中という状況に付け入った卑劣で悪質な犯行。厳しい非難に値する」などと指摘。新井被告側は判決を不服として即日控訴した。

 番組では、新井被告が当時の状況を再現するため、被害女性と同じ身長の知人女性に依頼し、自身主演で事件の再現VTRを制作していたことも紹介。松本は「全く納得していないんでしょうね。それが態度に出て、態度が悪いっていうのもあって、反省の色がないということでこういう判決が出て。それでまた、これに対して納得ができないからって。悪循環というか…」と指摘。そして「こういう駆け引きしている時点でだめなんですよね。男としてやっちゃだめなんですよ」とバッサリやっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月8日のニュース