壇蜜 夫の婚姻届記入ミス 戸籍訂正許可の申し立てへ「いらない仕事を増やして…」

[ 2019年12月8日 11:13 ]

壇蜜
Photo By スポニチ

タレントの壇蜜(39)が8日、TBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)で、漫画家の清野とおる氏と婚姻届を提出した際に姓を間違えた騒動について説明した。

 「ちょっと間違えてしまい…本当に記入ミスで」と平謝り。「これから家庭裁判所の方とか役所の方に本当に迷惑をかけて、いらない仕事を増やして本当に申し訳ないんですけど」と頭を下げた。

 姓をめぐっては「2人で話し合って、事前に姓名判断とかやって、最初はどっちでも良かったんですけど…」と本音も明かしつつ、「私が清野さんになった方がいいんじゃないか的な話になって。申し立てを今後」と、家庭裁判所に戸籍訂正許可の申し立ての手続きを進める考えを明かした。

 壇蜜の本名は姓が斉藤。夫の近況について、「今は清野さんは斉藤ズハイになっててパカパカやっています」と伝え、笑いを誘った。

 夫妻は「いい夫婦の日」の11月22日に結婚。30日には清野氏がツイッターを更新し「婚姻後の夫婦の氏」を誤って記載して名字が変わってしまったことを明かした。「区長から、祝いの花と手紙が届く→喜ぶ→区長から印鑑登録抹消通知も届く→俺の名字が壇蜜さんの名字『齋藤』になってることに気づく→婚姻届の書き間違えに気づく」とつづり、印鑑登録抹消通知と「齋藤通様」と記載された書類の写真も掲載。

 フォロワーから家庭裁判所への戸籍訂正許可の申し立てを勧められると「早急に申し立てたいと思います…」と返信した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月8日のニュース