70歳・市村正親、ダジャレで意気込み「古希でこき使われるけど頑張りたい」

[ 2019年12月8日 05:30 ]

ミュージカル「スクルージ」を笑顔でPRする主演の市村正親
Photo By スポニチ

 俳優の市村正親(70)が7日、東京・日生劇場で主演ミュージカル「スクルージ~クリスマス・キャロル~」(スポーツニッポン新聞社主催)の公開稽古を行った。

 4年ぶり6度目の上演。名作小説「クリスマス・キャロル」が原作で、嫌われ者の老人が改心していく姿を描く。1月に古希を迎え、「70歳になって本当のスクルージのよう。今度は80歳でやれたらいいね」と新たな目標も。「古希でこき使われるけど頑張りたい」とダジャレを交えて意気込みを語った。

 報道陣の前で足を高々と蹴り上げるなど元気いっぱい。若さの秘けつを問われ「それは美しいカミさんのおかげ。あとは2人の息子」と篠原涼子(46)に感謝した。きょう8日の初日公演は3人が観覧に訪れる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月8日のニュース