キムタク、清志郎さん歌い継ぐ ソロアルバムに「弱い僕だから」収録

[ 2019年12月8日 05:00 ]

忌野清志郎さんが贈った楽曲「弱い僕だから」をレコーディングする木村拓哉
Photo By 提供写真

 歌手で俳優の木村拓哉(47)が、09年に他界した忌野清志郎さん(58)を歌い継ぐ。来年1月8日に発売するソロアルバム「Go with the Flow」に、清志郎さんが木村に提供した楽曲「弱い僕だから」が収録される。合わせてBSフジの特別番組「輝き続ける 忌野清志郎(仮)」への出演も決定。木村にとっては初のBS番組となる。

 2人は97年のドラマ「ギフト」(フジテレビ)で共演して以来、親交を深めた。木村は、清志郎さんが亡くなった時に自身のラジオで「あのユーモアだったり、カッコよさだったり、影響を受けた」と振り返るなど大切な存在だった。

 「弱い…」は、清志郎さんが70年代にRCサクセションのステージで歌っていた曲でCD化はされていない。後に木村に提供され、SMAPのアルバム「SMAP 011 ス」(97年)に収録。ソロアルバム制作にあたり、木村が新たにレコーディングを行った。

 番組では木村が清志郎さんとの思い出を語るほか、レコーディングの映像も放送される。番組プロデューサーは「(今年5月の)『忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー』にサプライズ登場された木村拓哉さんの魂揺さぶられるステージに感動し、番組の出演をオファーしました」と説明。放送は来年2月16日、午後6時から。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月8日のニュース