田代まさし容疑者 覚せい剤所持認めた「自分のものです」

[ 2019年11月22日 05:30 ]

田代まさし容疑者
Photo By スポニチ

 2件の覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された元タレントの田代まさし(本名政)容疑者(63)が、宮城県警の調べに「自分のものです」と供述していることが21日、捜査関係者への取材で分かった。逮捕当初は、いずれの容疑も認めていなかった。

 田代容疑者は8月23日に同県塩釜市の宿泊施設で、さらに11月6日に杉並区の自宅マンション敷地内で、それぞれ覚醒剤を所持した疑いで逮捕、8日送検された。

 当初、塩釜市で所持したとされる分は「自分のものではない」と否認し、現行犯逮捕だった都内での容疑に関しては「後で話したい」としていた。

 県警が覚醒剤の使用の有無や、入手経路などを調べている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月22日のニュース