純烈明かす 出直し直後に「お前ら!」ゲキ飛ばした大物お笑いタレント

[ 2019年10月16日 09:28 ]

「ダウンタウン」浜田雅功
Photo By スポニチ

 男性歌謡コーラスグループ「純烈」のリーダー・酒井一圭(44)と小田井涼平(48)が13日深夜放送のテレビ東京「博多華丸のもらい酒みなと旅2」(日曜深夜2・35)に出演。メンバーの不祥事による脱退直後、大物お笑いタレントから投げかけられたという“愛あるゲキ”について語った。

 昨年大みそかに念願だったNHK紅白歌合戦への出場を果たしながら、年明け直後、交際女性への暴力などでメンバーが脱退。そんな中、東京・明治座で行われた「50周年記念 前川清特別公演」が再スタートの舞台に。その際、前川から「お前ら、4人でもやるんだったら頑張ろうぜ」と言ってもらったといい、酒井は「あの言葉がなかったら、僕らは解散していた」と前川への感謝を口にした。

 その舞台には、前川と親交のある「ダウンタウン」浜田雅功(56)が観に来ていたとも。

 昼と夜公演の合間、楽屋で休んでいたところ、「お前ら~!」という怒号が。「誰やねん、変な声出しよってと思ったら、『うわ~、ダウンタウンの浜田や』って」と、楽屋に浜田が入ってきたという。そこで言われたのが「お前ら、全然振りが合ってへんねん!今1番大事な時やから頑張れ、ガハハハッ~」。

 「純烈に、元気というか喝でも入れてやろうかと思ったんやと思うんです。あたたかかったですね」と酒井。小田井は「びっくりしすぎて、いすから落ちたから」と笑いながら振り返った。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月16日のニュース