×

あいみょん 感性磨く読書 若者の心揺さぶる歌詞の隠し味は官能小説

[ 2019年10月6日 10:00 ]

アーティストを目指すきっかけになった絵本「11ぴきのねことぶた」を手に、読書を語るあいみょん(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 【夢中論】昨年のNHK紅白歌合戦に初出場し、勢いそのまま数々の音楽記録を打ち立てているシンガー・ソングライターのあいみょん(24)。10、20代に熱烈に支持される要因の一つが、表現が美しい情念あふれる歌詞だ。作詞の感性を磨いているのは読書。大好きな官能小説からも大きなヒントを得ている。

 「本屋の街」と呼ばれる東京・神田神保町によく行く。明治創業の老舗書店などで新刊の表紙や帯、あらすじをチェック。小説だけではなく、雑誌や写真集、絵本も手に取る。

 「ここにはよくふらっと来ている。ちょっと前はミステリーばかり読んでいたけど、最近はエッセーでも詩集でも何でも読むようになった」

 直近で読んだのは「ボダ子」。ホームレスの63歳新人作家、赤松利市氏が波乱に満ちた半生を描いた私小説だ。

 「“住所不定、無職の新人”ってどんな作家やろ?面白そうやなと思って買いました。又吉さんが帯を書いている本も読むし、本選びはミーハーです」

 芥川賞芸人のピース・又吉直樹(39)のお薦めで、作家いしいしんじ氏の短編小説「トリツカレ男」も読んだ。

 自宅には本棚が2つある。リビングの方には写真集や美術の本など、寝室の方には小説が並ぶ。その中には、官能作品が交じっている。

 「めっちゃ好きなんですよ。例えば女性の局部を“茂み”って例えたり、比喩表現が豊富で勉強になる。“丘”とか“膨らみ”とか、普通の言葉なのに妄想を広げますよね」

 17歳の時、中古本販売店の100円コーナーで偶然、目にとまったのが「滴」。ベストセラー官能小説家、神崎京介氏の短編集だ。拘束が好きな女と嫉妬深い男のプレーで立場が逆転していく物語などに「う、すげえ。マジかよ」とうなり、何度も読み返した。ほかにも十数冊読み、官能作品で使われている約2300の用語や表現をまとめた「官能小説用語表現辞典」は“バイブル”だ。

 「いかに直接的な言葉を使わないか。知らないうちに作詞の勉強になっていたんだと思います」

 実際に歌詞にも生かされている。菅田将暉(26)との共演曲「キスだけで」は、♪私今日は女だから…と、女性の生理を例えるフレーズが印象的。「いいことしましょ」は、♪この膨らみに触れて…、♪あの丘をこえたいの…など官能用語が随所に登場する。
 「曲を作っている時にたまにふわっと、読んでいた官能小説の名残が出てくる。私にとってスパイスというか、隠し味みたいな感じです」

 曲作り全体に大きく影響を与えているのは小説だ。ストーリー性のある歌が多く、歌詞の起承転結もしっかりしている。

 「短い物語を作る感覚で楽曲作りをしている。そういう意味では、起承転結があるものに影響をもらっているのかも」

 アーティストを目指すきっかけは絵本だった。小学3年の時、馬場のぼるさん作の「11ぴきのねことぶた」を題材にした切り絵が地元の兵庫県西宮市に表彰され、それを機に美術の道を志した。

 「初めて自分が選ばれたっていう自信になった。美術は創造性がないから中学で諦めて音楽の道に進んだけど、表現者としてこの絵本は手放したくなくて、上京後もずっと大切にしている」

 歌は情景描写が美しく、独特な比喩を交え、主人公の内なる思いを時に毒々しく吐く。絵では発揮できなかった独創性が歌詞にあふれている。それを育んでいるのが読書だ。

 「一番読むのはツアーの移動中。新幹線に3冊ぐらい持ち込む。電子書籍は考えたこともないですね。やっぱり本を手で持ちたい」

 全国ツアー中にインプットし、楽曲制作でアウトプットする好循環。昨年ブレークし、生活が一変しても本は読む。活字は創造力の源泉。今後もますます艶を帯びた歌を生み出してくれそうだ。

 ♪…アニメ映画「空の青さを知る人よ」(11日公開)の主題歌として書き下ろした同名の新曲を2日に発売した。映画のストーリーではなくタイトルに即した楽曲制作を依頼され「空の青さを知る人って誰か?もう空に行っている、亡くなった人なのかなと思った」と別れの歌にした。今は悲鳴をあげながら 君の横顔を探している――の歌詞から「不倫ソングだと思った」という記者の愚見には「いろんな捉え方をしてもらえるというのは作り手としての醍醐味(だいごみ)」と笑みを浮かべ、寛容だった。

 ◆あいみょん 1995年(平7)3月6日生まれ、兵庫県出身の24歳。15年、シングル「貴方解剖純愛歌~死ね~」をインディーズで発売。16年11月、シングル「生きていたんだよな」でメジャーデビュー。昨年の紅白で歌った「マリーゴールド」はストリーミングの再生数が国内で初めて1億回を突破し、ビルボード・ジャパンの今年上半期で1位に。1メートル61。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2019年10月6日のニュース