高嶋ちさ子 登山ロケでスタッフの服を…共演者ドン引き 一茂「盗賊だよ盗賊!」

[ 2019年10月4日 20:18 ]

高嶋ちさ子
Photo By スポニチ

 バイオリニストの高嶋ちさ子(51)が4日放送のテレビ朝日「ザワつく!金曜日 日本全国迷惑なヤツらをぶった斬れ3時間スペシャル!!」(後7・00)に出演。スタッフの服を“強奪”して登山したエピソードを明かし、共演者から「山賊、盗賊のやり口」と非難される場面があった。

 番組では富士山の迷惑登山客を特集。高嶋は自身の登山エピソードとして、1週間ほど前に番組のロケでポーランドの山を訪れたことを告白。その際を振り返り、「ザコパネって山のところにケーブルカーで行きますって。事前にスタッフさんに情報をもらっていて、スタイリストさんに用意してもらっていた服もチャラい服で。ケーブルカー乗るくらいならいいだろって」と軽装で挑んだと語った。ケーブルカーの乗り場に到着すると「みんな重装備でヤバイと思った」といい、登山を断念しようかと思ったそうだが、「スタッフさんが着ていた服を引っぺがして、靴も取り上げて、素敵な登山してきました」と満足気に語った。

 共演の元プロ野球選手でタレント、長嶋一茂(53)は「盗賊だよ盗賊!」とし、サバンナの高橋茂雄(43)も「山賊、盗賊のやり口」と攻め立てたが、高嶋はなぜか嬉しそう。「本当にそう、本当にそう」とツッコミを受け入れ、うなずいていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年10月4日のニュース