八代弁護士 マイボトル禁止でペットボトルOKの成田市議会に「ペットボトルを控えるのは世界的な潮流」

[ 2019年10月3日 12:24 ]

八代英輝弁護士
Photo By スポニチ

 弁護士の八代英輝氏(55)が3日、コメンテーターを務めるTBSの情報番組「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に生出演。千葉・成田市議会で「マイボトル」の持ち込みが禁止されていることに言及した。

 番組では、委員会室での飲み物は、原則として議員団が共同購入したものにすると決まっているため、マイボトルを使えない事態になっていることを紹介。8月下旬に議員らで構成される議会運営委員会で原則、委員会室に持ち込むことができるのは議員団が用意したペットボトルのお茶のみと決まったといい、マイボトルは中身が分からないなどの問題があるとしているという。

 八代氏は「ペットボトルの使用を控えるっていうのは世界的な潮流で、この夏もサンフランシスコ空港全体でペットボトルの持ち込みが禁止になって、北海道でもペットボトル使わないようにしようって、もうペットボトルを使わないっていう流れになっている中、こういう逆行することの問題が1つ」と指摘。さらに「もう1つの問題は批判的な声に屈しすぎですよね。傍聴者の1人が見た目が悪いとか、飲んでる姿がみっともないって言ったからってすぐ議院運営規則を改める。行政の悪い癖だと思うんですけど、ここは立法府ですけども、事務局が結局、行政じゃないですか」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月3日のニュース