宮崎謙介氏 妻へ「携帯を見た先には幸せは待ってない」と“名言”も、返す刀で…

[ 2019年9月30日 22:48 ]

宮崎謙介氏
Photo By 提供写真

 元衆議院議員の宮崎謙介氏(38)が30日、TOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・00)に生出演。携帯電話のロック機能について持論を展開した。

 この日からMCがガラリと変わった同番組。月曜から木曜日はMCをフリーアナウンサーの垣花正(47)、そして金曜日は宮崎氏が担当することに。リニューアル1回目ということで、宮崎氏も妻でタレントの金子恵美(41)と共に番組に参加していた。

 テレビ各局が報じない“放送時間0分”のニュースを紹介する「NEWSゼロワン」のコーナーでの一幕。“携帯の顔認証システムから必死に逃げる男性の動画”が紹介されると、宮崎夫妻にも話が振られた。

 金子が「(相手男性の携帯は)一切見ない」とコメントするが、宮崎氏はすぐさま「付き合い始めの頃に(妻が)見ようとしたことがあったんですよ。『見せて』って言われて」と暴露。それに対し宮崎氏は「いいか、携帯電話を見た先には幸せは待ってないよ」と答えたという。

 「名言ですね」と称賛されると、宮崎氏は胸を張りながら「なぜなら、私が完全にシロだった場合、私に対する興味が無くなっちゃうんです。つまんない男って。お互いにとって良くないし。クロはクロで不幸だし」と力説。スタジオの共感を呼んだ。

 しかし、以前の不倫騒動を蒸し返され、「あの騒動の時、携帯電話は見せたんですか?」の問いに「見せる訳ないじゃないですか?」と焦りの表情。金子は「私は見る気もなかったんですけど、見る前に日本中が知ったっていう。論じてたけど、結局見られてるからね」とピシャリ。宮崎氏は「ま、相手がいるからね…」と言い訳するのがやっとだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月30日のニュース