有吉弘行“パッケージ詐欺”アイドルに痛烈ツッコミ「全然違う」「ハリウッド級」

[ 2019年9月30日 13:03 ]

有吉弘行
Photo By スポニチ

 タレントの有吉弘行(45)が28日放送の日本テレビ「有吉反省会」(土曜後11・30)に出演。アイドル清瀬汐希(22)の“パッケージ詐欺”に対し、痛烈なツッコミを入れた。

 清瀬は抜群のスタイルを武器にDVDを発売。パッケージを見たファンからは「スタイル最高」「顔も可愛い」など絶賛の声が寄せられ、予約だけでDVDランキング1位となった。しかし、発売イベントに姿を現すと、ネット上では「誰ですか?」「なんか顔がデカくなってる」と、パッケージと違う印象にとまどいの声があがった。

 パッケージの修正点を問われ清瀬は、メーカーが加工したことを打ち明けつつ「顔はエラを削って小顔に。目も大きくして、鼻の穴も大きいので小さくしてもらった」と告白。さらに「(カメラマンが)首をかしげたり、『アゴ引いて』ってすごい言われたり。『こっちを見ないで』って言われたりもします」と撮影の苦労話も語った。

 「顔の調子がいいとき」は、女優の吉田羊や尾野真千子(37)に似ているそうだが、悪いときはお笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザー(35)だと明かし、スタジオを沸かせた。

 有吉は「なんだろうな。お母さんっぽい」と印象を述べ「これ(パッケージ)とは全然違うね」とバッサリ。「原始的な顔だよね。澤(穂希)さん的なね」とも続けると、共演者から「アスリート顔ね」と補足された。

 また、清瀬が「同じ事務所のグラドルの子たちよりも(修正の)規模が違いますね」と苦笑すると、有吉は「ハリウッド級のね」と煽っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月30日のニュース