山本千尋、特撮時代劇で初主演 新時代アクション女優は太極拳「世界一」

[ 2019年9月28日 05:30 ]

中国武術のポーズをとる山本千尋(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 女優の山本千尋(23)が特撮アクション時代劇「BLACKFOX:Age of the Ninja」(監督坂本浩一)で初主演する。3歳から中国武術を習い、武術太極拳の選手として08年と12年に「世界ジュニア武術選手権大会」で2度の金メダルを獲得した世界女王。本物の動きで「新世代アクション女優」の呼び声も高い。

 “仮面の忍者”を演じた山本はキックやパンチ、武器などを使ったアクションで圧倒的な存在感を示している。「あざや傷が絶えない撮影でしたが、とても楽しく刺激をもらえる現場でした」と充実の表情。今後へ「さすが中国武術世界一と言われるようなアクション女優になりたい」と語った。同作は10月5日から日本と台湾で順次配信される。

 ◆山本 千尋(やまもと・ちひろ)1996年(平8)8月29日生まれ、兵庫県出身の23歳。10年からJOCジュニアオリンピック「長拳」「剣術」「槍(そう)術」部門3連覇。13年舞台「時空警察ヴェッカー1983」で女優デビュー。出演に映画「チア男子!!」NHKドラマ「そろばん侍 風の市兵衛」など。1メートル55。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月28日のニュース