沢尻エリカ 芸能界に入ったきっかけ「安室ちゃんが大好きで…」

[ 2019年9月22日 12:01 ]

女優・沢尻エリカ
Photo By スポニチ

 女優の沢尻エリカ(33)が22日放送のフジテレビ系トーク番組「ボクらの時代」(日曜後7・00)に出演。芸能界に入るきっかけが、昨年9月に芸能界を引退した安室奈美恵さん(42)だったことを明かした。

 この日は、映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」の蜷川実花監督(46)、共演した小栗旬(36)とトークを展開。それぞれが芸能界を目指すきっかけとなった理由が話題になると、沢尻は「元々、安室ちゃんが大好きで、芸能界に入れば会えると思っていたから」と告白した。

 続けて「小6だから事務所とかも分からなくて。雑誌を買ってきてペラっとめくったところが昔の(所属)事務所(のページ)で、プリクラを貼って応募して受かっちゃったみたいな」と明かした。

 これには、小栗も納得の表情で「俺も全く同じ。内田有紀さんが大好きだった。10歳の時に、この世界に入ったら、きっと会えると思って(芸能活動を)始めた」と話し、女優の内田有紀(43)の名前を挙げていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月22日のニュース