桂かい枝 10・28独演会開催、落語家25周年&繁昌亭大賞受賞記念「最大限の芸を」

[ 2019年9月19日 11:39 ]

落語家生活25周年&第13回繁昌亭大賞受賞記念「桂かい枝独演会」の開催を発表した桂かい枝
Photo By スポニチ

 桂かい枝(50)は19日、落語家生活25周年と第13回繁昌亭大賞受賞を記念して「桂かい枝独演会」(10月28日、ABCホール)の開催を発表した。かい枝は「25年はあっという間。あと1カ月ちょっと準備して、最大限の芸を見せたい」と気合い十分だ。

 四半世紀の区切りの大舞台は「家族のカタチ」をテーマとし「屁臭最中」「ねずみ穴」「船弁慶」の3席を演じる。時代に埋もれた昔々の落語を、かい枝自身が発掘してきた“古墳落語”の6席から、125年ぶりに現代によみがえった「屁臭最中」。お金の絡んだ江戸落語のネタ「ねずみ穴」。そして師匠の5代目桂文枝が生前、「一番大事にしてるネタは?」との弟子たちの質問に「船弁慶」と即座に答えた十八番のナニワの夫婦物語。「一生懸命にできる会にしたいので」とやり慣れていないお題に挑戦する。「だいぶ頑張らんと、お客さんは納得してくれない」と気を引き締めた。

 公立の高崎経済大を卒業後、先代の5代目文枝の門を叩いてから25年。古墳落語の復活以外にも、英語落語で27カ国を回った。「最近、中トリ、トリを任されるようになった」と上方落語界でも中堅からさらに上の立場になってきた。「芸人としてのキャリアと年齢も積んできた。年がいってる方が、お客さんに安心してもらえる説得力が出てくる」と最近は手応えをつかみつつある。「あこがれのNGK(なんばグランド花月)でもやらせてもらえるようになった」。入門時に今の自分と同じ25周年だった桂文珍(70)から「あれでエエねん」と初めて褒め言葉をもらい「すごくうれしかった」と喜んだ。「くしかつの会」で切磋琢磨(せっさたくま)してきた同期の桂吉弥(48)、桂春蝶(44)らとともに「しっかり自覚を持ってやらんといかん」と上方落語界を引っ張る構えだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月19日のニュース