NGT荻野由佳 「あの件はどうなった?」のツッコミに「一生懸命頑張るしかない」

[ 2019年9月19日 11:44 ]

NGT48の荻野由佳
Photo By スポニチ

 NGT48の荻野由佳(20)が16日放送のTBS「名医のTHE太鼓判!」(月曜後7・00)に出演。一連の騒動を共演者に突っ込まれ、「一生懸命頑張るしかない」と答える一幕があった。

 荻野は番組の人気コーナー「美女の足裏診断」のコーナーに登場。スタッフから「健康状態とか気にしますか?」と聞かれた荻野は「私、足、ケガしやすくて、転ぶ。あとは肩こりがひどいんですよ」と悩みを告白。肩こりはストレスなど、精神的なところに起因することも多いが、「ああ、ストレスは…そうですね。ストレスは…ありますね、ちょっと」と小声で返答。日々のストレスに悩まされていることを明かした。

 一連の騒動を思わせるやり取りに、スタジオでVTRを見守ったお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(48)は「どうなったのかな、あの件は…」にチクリ。MCのお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(46)にも「近況とかは?」にさらに追及され、荻野は「もう…一生懸命頑張るしかないので、一生懸命頑張ります」とガッツポーズで答えるだけだった。

 最初は「無理、無理、無理、無理です、無理です」と拒否しつつも、最後は「アイドルだから、何見せても恥ずかしくない」と診断を受けた荻野。結果発表に「選挙(AKB48総選挙)みたいな感じでものすごい緊張する…」とドキドキの様子だったが、両足の親指の裏に水ぶくれが破れた後があるなど、足裏偏差値は「43」でまさかの平均値以下。「(平均値に)行ってないの?」と大きなショックを受けていた。

 グループは昨年12月に起きた当時メンバーの山口真帆(23)への暴行事件をめぐる問題で、5月から活動を休止。8月3日のアイドルイベントでグループとしての活動を再開し、同18日に地元新潟のNGT48劇場で、昨年12月30日以来8カ月ぶりの劇場定期公演を再開させた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月19日のニュース