三浦春馬“4年に1度”の恋人・多部未華子に感謝「自然体でいられた」

[ 2019年8月22日 05:30 ]

映画「アイネクライネナハトムジーク」の完成披露上映会に出席した(左から)三浦春馬、多部未華子、原田泰造
Photo By スポニチ

 俳優の三浦春馬(29)、女優の多部未華子(30)が21日、都内で行われた映画「アイネクライネナハトムジーク」(監督今泉力哉、9月20日公開)の完成披露上映会に出席した。

 人気作家・伊坂幸太郎氏(48)の唯一の恋愛小説の映画化で、三浦は「奇跡や運命は人を思いやることから始まるということに気付ける映画」と自信の笑顔。

 多部とは4年に1度、恋人役で共演しており「現場で自然体でいられた」と感謝。多部も「安心感がありました」と応じていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月22日のニュース