町山智浩氏「たまむすび」先週の“寝落ち欠席”を生謝罪「いつの間にか…」山里亮太「無事でよかった」

[ 2019年8月13日 16:40 ]

 米在住の映画評論家の町山智浩氏(57)が13日、TBSラジオ「たまむすび」(月~金曜後1・00)に生出演。先週6日の放送で“寝落ち欠席”し、自身のコーナーを飛ばしたことを改めて謝罪した。

 毎週火曜日午後3時からのコーナー「アメリカ流れ者」は海外の最新映画やカルチャーを紹介。しかし、6日は町山氏と連絡がつかなかった。

 この日午後3時、パーソナリティーの赤江珠緒(44)が「この時間は、映画評論家・町山智浩さんの『アメリカ流れ者』。今日はご自宅のあるバークレーからのご出演です。もしもし、町山さん?」、火曜パートナーの南海キャンディーズ・山里亮太(42)が「もしもし?」と呼び掛けると、町山氏は「すみません。本当すみませんでした。ご迷惑をお掛けしました」と消え入りそうな第一声。「机の上に座って、スカイプやるパソコンの前に待機してたんですけど、いつの間にか気を失ってて」と釈明した。

 赤江は「それを寝落ちと言いますよね」、山里は「よかったです、無事で。気絶するように眠っちゃう時ありますからね、疲れすぎると」。町山氏が「あのね…、あの…」と話そうとすると、赤江は「息も絶え絶え」、山里は「伝わってます。町山さん伝わってますよ」。町山氏は「何でだか分からないんですけど、凄い緊張したり、あと凄いイヤなことがあったりね。あと叱られたりすると、この年でよく叱られるんですけど、あのね、眠くなっちゃうんですよ」と明かした。

 町山氏は6日、自身のツイッターでも「出張先のホテルで出演待機して椅子に座ったまま気づかないうちに眠りこけていました。携帯が何度鳴っても起きれないほど深く眠っていたようです。リスナーの皆様、スタッフの皆様、本当にご心配お掛けして申し訳ありませんでした」と謝罪していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月13日のニュース