爆問・太田 ジャニーズアイドルの“凄さ”語る「テレビ欄に並べるのすらダメだった」

[ 2019年7月14日 11:42 ]

「爆笑問題」太田光
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(54)が14日放送のTBS「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に生出演。80年代当時、人気絶頂だった歌手の田原俊彦(58)と松田聖子(57)のエピソードについて語った。

 番組では、9日に亡くなったジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(享年87)について特集。これまで数々のアイドルをプロデュースしてきた功績をVTRで紹介した。アイドルグループ「おニャン子クラブ」の元メンバーでタレントの渡辺美奈代(49)は、自身が活躍していた当時のジャニーズの人気ぶりについて「(追っかけが)すごかったですね。車が出る度にバーッとファンの方が来るので、ドライバーさんも(運転の)腕がないと前に進まない様な状態。すごい大変でしたね」としみじみ。

 芸能コラムニストの山田美保子(62)が「おニャン子と光GENJIさんとかが並ぶと、ファンの方はヤキモキした」と話すと、渡辺も「歌番組とかでも隣に座ってちょっと会話している様な感じだと大変だった」。これに続き太田は「トシちゃんと聖子ちゃんがテレビ欄に並べるのすらダメだった。それぐらい両方のファンがね…」とトップアイドル同士のエピソードを語ると、相方の田中裕二(54)も「ザベストテンの時。段をずらさないといけなかった」とうなずいていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月14日のニュース