菫初段、公開対局で中国の強豪に敗戦も「打ててうれしかった」

[ 2019年7月14日 05:30 ]

公開対局する仲邑菫初段
Photo By 共同

 囲碁の最年少プロ、仲邑菫(なかむら・すみれ)初段(10)が13日、金沢市で開かれたイベントで中国のゼイノイ九段(55)と公開対局し敗れた。囲碁ファンら約250人が対局を観戦した。

 対局は仲邑初段がわずかなハンデをもらって打たれ、ゼイ九段が激戦を制した。仲邑初段は対局後に笑顔も見せ、「(ゼイ九段は)強かった。打ててうれしかった」と話した。ゼイ九段は国際棋戦優勝など実績十分の強豪。仲邑初段について「いつか世界戦で対戦できるように頑張ってほしい」と期待を寄せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2019年7月14日のニュース