テレ朝「アメトーーク!」消滅の危機 関係者、宮迫は「憔悴し切っている」

[ 2019年6月25日 04:55 ]

「雨上がり決死隊」の宮迫博之
Photo By スポニチ

 “闇営業”を巡り、吉本興業から所属芸人11人が謹慎処分を受けたことを受け、民放各局も対応に追われた。宮迫博之(49)がコンビ「雨上がり決死隊」として司会を務め、コンビ名の「アメ」がタイトルに入るテレビ朝日「アメトーーク!」は消滅の危機が浮上した。

 “闇営業”問題の発覚当初は静観ムードだったテレビ朝日。しかし、宮迫が14年に出席した忘年会で、詐欺グループの主犯とされる男の妻に「『アメトーーク!』っていう番組やってまして。ぜひ招待したい」と約束していたことが今月13日、週刊誌報道で発覚。その後の20日放送では4社が同番組のCMを取り下げ、ACジャパンの広告に差し替わった。

 不信感がくすぶっていた中、追い打ちをかけるように発覚した宮迫のウソ。「ギャラをもらっていない」としていた主張が覆ったことで同局はこの日、宮迫ら謹慎処分を受けた芸人の出演見合わせを発表した。

 同局広報は「収録済みのものについては対応を慎重に検討しております」としたが、同局関係者は「看板番組の一つ『アメトーーク!』でも、存続にかかわる議論は避けられない」と指摘する。

 深夜枠の番組にもかかわらず、09年7月には視聴率15・7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。平均でも10%超えをマークする人気番組で週に2回放送した時期もある。「テレビ朝日としても守りたいコンテンツではある」と関係者。しかし、既にCMの差し替えに発展している中「詐欺グループから金銭を受け取っていた事実はイメージが悪過ぎる」との声が同局内でも上がり始めた。

 民放関係者は「宮迫さんの謹慎中は蛍原(徹)さんとともに宮迫さんの代役がMCを務めるのでは」とみる。一方で「スポンサーや視聴者の反応が良くないようならタイトルの変更やリニューアルも視野に入ってくるだろう」と“消滅の危機”を指摘する。

 宮迫について芸能関係者は「最近はほとんど眠れていないみたいで、憔悴(しょうすい)し切っていると聞く」という。ウソの代償は計り知れないものになりそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年6月25日のニュース