波乃久里子 御歌の朗読以来の舞台「日本人に生まれて良かった」

[ 2019年6月25日 05:30 ]

「京都 都大路謎の花くらべ」製作発表会見に出席した(左から)長谷川純、山村紅葉、中村梅雀、波乃久里子、喜多村緑郎、河合雪之丞(撮影・岸 良祐)
Photo By スポニチ

 八月新派公演「京都 都大路謎の花くらべ」(8月3日~17日、東京・新橋演舞場)の製作発表が24日、都内で行われた。山村美紗さん原作のサスペンス。

 主演の波乃久里子(73)は2月24日に行われた「天皇陛下御在位三十年記念式典」で御歌(みうた)の朗読をして以来、初めての舞台。「(今後の)舞台につながるかは分かりませんが、日本人に生まれて良かったと感じました」とふり返った。共演は長谷川純(33)、山村紅葉(58)ら。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年6月25日のニュース