兄貴分たちに「ヤンチャ感」で食らいつく BALLISTIK BOYZ・砂田将宏

[ 2019年6月25日 11:00 ]

怖いもの知らずの生意気感を心がける砂田将宏
Photo By スポニチ

 【Jr.EXILEの挑戦(2)】EXILE TRIBE(一族)の若手4組による新プロジェクト「BATTLE OF TOKYO~ENTER THE Jr.EXILE~」。4組のうち“四男坊”に当たるのが先月デビューしたばかりの7人組「BALLISTIK BOYZ(バリスティック・ボーイズ)」だ。

 砂田将宏(19)は「デビュー間もない僕たちがドームツアーやアリーナツアーをやっている先輩たちと一緒にステージに立つ。気持ちを引き締め直して1ステージずつ確実に成長することを心掛けてきました」と振り返った。大舞台に向け、兄貴分たちの胸を借りてリハーサルを重ねている。
 一族初のメンバー全員が歌うスタイル。砂田を含めて英語が流ちょうなメンバーが3人いるほか、ポルトガル語を話せるメンバーもおり、結成時から世界進出を視野に入れたグループだ。
 来月4~7日の千葉・幕張メッセ公演は、兄貴分の3組とダンスバトルなどで“競演”する。3組に負けないグループの魅力を砂田は「ヤンチャ感」と表現。「下がいない分、上に駆け上がっていくだけ。怖いもの知らずの生意気な感じをミュージックビデオでも心掛けたので、感じ取ってほしい」とアピールした。
 (飯尾 史彦)

 ◇BALLISTIK BOYZ(バリスティック・ボーイズ) 18年4月、2つのオーディションで選ばれた7人で結成。今年3月に全国でフリーイベントを行う「武者修行」を実施し、5月22日にグループ名と同名のミニアルバムでメジャーデビュー。同作はいきなりオリコンチャート1位を記録した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年6月25日のニュース