矢部「今後もカラテカで活動」も…方法を模索 相方の“闇営業問題”で初ツイート

[ 2019年6月9日 05:30 ]

「カラテカ」の入江慎也(左)と矢部太郎
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也(42)が事務所を通さず仕事をする“闇営業”を詐欺グループとの間で行い、所属タレントを仲介したとして吉本興業から契約を解消された問題で、相方の矢部太郎(41)が8日夜、騒動発覚後初めてツイッターを更新し謝罪した。

 「入江には心から反省し、これまでの自身のあり方を見つめ直し、失ったものの大きさを考え続けてほしいと伝えました」とも記し「今後も僕はカラテカの矢部太郎として活動させて頂きます」と宣言。関係者によると、解散はせず、コンビとしての活動方法を今後模索していくという。

 人脈を見境なく拡大していく入江のやり方が、今回の騒動につながった可能性があることも判明。関係者によると、5000人ともいわれる人脈が売りの入江は、SNSで面識のない相手から直接メッセージ(DM)が来ても吟味せずに全て返信。飲み会に参加したりしていた。義理堅く、関係各所へのあいさつなどは欠かさない一方、会合などでは相手によって対応に差が見られる面も。知人の1人は「力を持ってそうな社長には近づき、それ以外はぞんざいに扱うようなところもあった。それで怒って離れていった人も多い」と指摘している。

 闇営業については7日、写真誌「フライデー」が報じ、入江は事実を認めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年6月9日のニュース