小川彩佳アナ体制 新生「NEWS23」4・3%スタート

[ 2019年6月4日 09:33 ]

小川彩佳アナウンサー
Photo By スポニチ

 元テレビ朝日の小川彩佳アナウンサー(34)がメインキャスターに就任したTBS系報道番組「NEWS23」(月~木曜後11・00、金曜後11・30)が3日に初回を迎え、平均視聴率は4・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが4日、分かった。

 オープニングで小川アナは「こんばんは。小川彩佳です。今夜からNEWS23は新しいスタートを切ることとなりました。そんな初日に番組をご覧くださっている皆さん、本当にありがとうございます」とあいさつ。「皆さんと、私自身も一緒に考え、感じ、気付き、そして触れる」をキーワードに掲げ、ネットニュースを巡る問題や環境問題など幅広く取り扱い、抜群の安定感を見せた。

 番組では、ある問題点を掘り下げる筑紫哲也氏時代の「♯異論反論オブジェクション」も復活。新旧取り混ぜた“新生NEWS23”に「今日は最後までご覧いただきありがとうございました、明日もよろしくお願いいたします」と深々と頭を下げ、初日の放送を難なく終えた。

 2016年7月下旬からメインキャスターを務めた元TBSの雨宮塔子アナウンサー(48)が5月31日の生放送を持って同番組を卒業。雨宮アナとメインを務めてきた星浩氏(63)をアンカーに変え、スポーツは石井大裕アナ(33)、サブキャスターを山本恵里伽アナ(25)、取材キャスターを報道局の村瀬健介記者が務める。

 番組プロデューサーは小川アナを「ニュースを人ごとではなく、自分ごととして共振しながら感じて伝えることができる話者。共感力がある」と評価。疑問点を専門家らにぶつけていく「視聴者の代表」という立場での活躍に期待がかかる。

 先週放送分の平均視聴率は、5月27日が4・4%、28日が4・8%、29日が4・6%、30日が5・1%。雨宮アナ最後の登板となった5月31日(後11・30)は4・1%だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年6月4日のニュース