東国原英夫 丸山議員へ“国会議員としての最後の資質”は「君がやめることだよ」

[ 2019年5月31日 13:46 ]

東国原英夫
Photo By スポニチ

 元衆院議員でタレントの東国原英夫(61)が31日放送のフジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。戦争で北方領土を取り返す是非などに言及した丸山穂高衆院議員(大阪19区)=日本維新の会を除名=が、衆院議院運営委員会の高市早苗委員長ら議運委代表者による聴取要請に対し、病気を理由に拒否したことについて言及した。

 衆院議院運営委員会は30日の理事会で、丸山氏について協議。政府側が北方領土へのビザなし交流訪問における丸山氏の言動を報告し、酒に酔って下品な発言を繰り返すなどした問題行動を確認した。報告を踏まえ、理事会は丸山氏に弁明文書を6月3日までに提出するよう求めている。

 東国原は「言論の自由だとか、弁明の場が設けられないだとか…弁明の場を設けたら病気を理由に拒否する、回避するという、これは絶対、政治家としてあってはならないこと。これも資質に欠ける要因の1つ」と厳しく指摘。その上で「総合的にこの方は現時点で国会議員としてはふさわしくない。出処進退はご自分でお決めになって下さい。これ基本なんですけども、“国会議員としての最後の資質は、君がやめることだよ”ということを僕は断言できます」と“アドバイス”を送っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年5月31日のニュース