テレ朝社長 「白い巨塔」高視聴率 主演・岡田准一ら感謝「重厚なドラマになった」

[ 2019年5月28日 14:08 ]

テレビ朝日の社屋
Photo By スポニチ

 テレビ朝日の角南源五社長は28日の定例記者会見で、V6の岡田准一(38)が主演したドラマスペシャル「白い巨塔」について「開局60年にふさわしい重厚なドラマを多くの視聴者にご覧いただき感謝している」と総括した。

 20~26日までの週間平均視聴率(ビデオリサーチ調べ)で、全日帯(午前6時~翌日午前0時)、プライム帯(午後7~11時)、ゴールデン帯(午後7~10時)、プライム2帯(午後11時~翌日午前1時)の「4冠」達成に大きく貢献し、営業面で「広告(獲得)にも貢献した」としている。

 高視聴率の要因については「主演の岡田准一さんをはじめ、キャスト、スタッフのご尽力」とし、「重厚なドラマになった」と重ねて強調した。

「白い巨塔」は22~26日に放送。5夜連続で2桁の平均視聴率(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を獲得。関東地区は第1夜=12・5%、第2夜=11・8%、第3夜=12・2%、第4夜=13・5%、第5夜=15・2%。

 編成担当の亀山慶二専務も「横並びで毎日トップで、(4冠達成に)大きく貢献した」と述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーさん死去」特集記事

2019年5月28日のニュース