西島秀俊 平和の大切さ訴える、“炎上”佐藤浩市登壇なし

[ 2019年5月25日 05:30 ]

映画「空母いぶき」の初日舞台あいさつを行った(2の左から)市原隼人、本田翼、西島秀俊、佐々木蔵之介、藤竜也、深川麻衣
Photo By スポニチ

 俳優の西島秀俊(48)、佐々木蔵之介(51)らが24日、都内で映画「空母いぶき」の初日舞台あいさつに登壇した。

 歴史上初となる自衛隊の防衛出動を巡る攻防を描く海洋アクション。西島は「企画の段階から高いハードルがたくさんあったが、全スタッフ、キャストが魂を込めて撮影した。今の平和の大切さ、かけがえのなさを感じてくれたらうれしい」と感無量の面持ちで語った。

 なお、原作を連載するコミック誌でのインタビューでの発言が炎上し、物議を醸した首相役の佐藤浩市(58)は当初から登壇の予定はなかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月25日のニュース