さんま仰天「コイツうまいな!」 大竹しのぶのモノマネで開眼した人気女優とは?

[ 2019年5月12日 21:17 ]

明石家さんま
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの明石家さんま(63)が13日、自身がパーソナリティーを務める「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。パロディドラマで共演した際、驚きの演技を見せた女優について語った。

 その女優は「ドクターX~外科医・大門未知子~」などで主演を演じる米倉涼子(43)。さんまは若き日の米倉と「男女七人」のパロディをやったそうで、さんまは今井良介(本人)役、米倉は神崎桃子(大竹しのぶ)役を務めることになった。

 米倉はこの頃、モデルを本業としており、芝居の経験はほとんどない状況。さんまの米倉に対する印象は低く「それまで米倉、(芝居が)うまいなぁって思わなかった」という。

 しかし大竹のモノマネをする米倉の演技は絶品だったようで、さんまは「やっぱり、コピーさしたら『コイツうまいな!』って。コピーしたらこうなるのかって、驚いたことあるわ」と米倉を称賛していた。

 さんまはさらに「誰かのコピー、真似って必要やねんって」と持論を展開。「この人のこの芝居『うまいなぁ』って思ったら、その真似をするっていうのは、俺らの世界、必要やな」と、芸を極める過程でのモノマネは不可欠と主張していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年5月12日のニュース