ケイン・コスギ 若き日の極貧生活を激変させたヒラメキ「最近、鍛えてるから…」

[ 2019年5月12日 19:56 ]

俳優のケイン・コスギ
Photo By スポニチ

 俳優のケイン・コスギ(44)が12日、日本テレビのトークバラエティー「誰だって波瀾爆笑」(日曜前9・55)に出演。人生を一変させた思い出の出来事を明かした。

 肉体派俳優として活躍していたケイン。最近はテレビゲームを生かし、ゲーム実況で視聴者数世界一を獲得したことも。ゲーマーが競い合う「eスポーツ」界でも注目の一人となっている。

 そんなケイン、18歳の時、父で俳優のショー・コスギと共に米国から来日。父は撮影終了後に帰国したが、ケインは残って役者の道へと進んだ。

 しかし、日本語が流暢に話せないため、役者業は困難を極めることに。さらにアルバイトでも注文を取れないなど弊害が出てしまい、バイト代は月に3万円と極貧状態が続いていた。

 来日して5年目、23歳の時に帰国を決意する。そんな失意のどん底にいた時、テレビ番組「筋肉番付」の存在を知り、マネージャーへ「最近、鍛えてるからこんな番組出たいんですけど、ちょっと連絡してみて」と頼んでみることに。マネージャーがすぐさま電話で番組サイドに交渉したところ快くOKをもらえたという。

 最初は「ダルマ落とし」のコーナーに参加。さらに様々な競技に呼ばれるようになった。ケインは成績もよかったこともあり、「最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦 芸能人サバイバルバトル」への出場を打診されることに。すると、初参加でいきなり頂点へと上り詰め、ケインの状況は一変した。

 現在までトータルで12回出場。「芸能人サバイバルバトル」で1位5回・2位2回、「プロスポーツマン大会」で1位1回・2位2回の好成績を収めている。「芸能人」なら1位、「プロ」なら2位まで車がもらえるため、ケインは全8台の車を獲得。それらの車は、「人にあげたりしていた」そうだ。

 また、賞金もあり「プロ」は優勝すると500万、「芸能人」は200万だった。最初の頃は極貧だったということで「これ優勝したら1年間生活できるから、勝たないといけない!」と鼻息を荒くしていたそうだ。

 また、ケインが出演していた「リポビタンD」のCMは、実はオーディションによって勝ち取ったとも明かした。オーディションではお昼どきの芝公園で、おなじみの「ファイト―!いっぱーつ!」の掛け声を叫んだりもしたという。「筋肉番付」効果がないとは言えないが、実力でつかみ取ったポジション。「日本に来てから一番印象に残っていた憧れのCM」だったこともあり、決まった時は「スゴいうれしかった」と振り返っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年5月12日のニュース