東山紀之 「7 MEN 侍」のネーミングに「久しぶりにジャニーさんの大技が出た」

[ 2019年5月9日 13:44 ]

CM共演した東山紀之(左から5人目)と「7 MEN 侍」のメンバー
Photo By スポニチ

 少年隊の東山紀之(52)がCM出演する新作モバイルゲーム「リネージュ M」のリリース発表会が9日午後、都内で行われた。CM初挑戦となるジャニーズJr.のユニット「7 MEN 侍(せぶん めん さむらい)」も出席。東山は「ゲームの世界の進化を目のあたりにして非常に驚いています」と話し、ジャニーズ事務所の後輩たちと共演したCM撮影を振り返った。

 7 MEN 侍は2018年2月に結成した菅田琳寧、五十嵐玲央、中村嶺亜、本高克樹、佐々木大光、今野大輝、矢花黎の7人組。ユニット名の由来は故黒沢明監督の名作映画「七人の侍」で、東山「久しぶりにジャニーさん(ジャニー喜多川社長)の大技が出たなという感じ。徐々に名前も浸透していってくれると思います」と期待をかけた。

 30歳ほど離れた後輩たちとのCM共演を「侍が8人そろったような世界観を表現した」と説明。「“8 MEN 侍”としてメンバーに入れてもらいたいくらいですが、年齢制限もあると思うので”影武者”という形で」と、こちらも黒沢映画を引用しながら持ち上げた。

 そして、「頑張っていってくれたら、お年玉が配られるからね」と今後の活躍を見守る構え。令和に入って「東京オリンピックで、どんなレジェンドが生まれるのか楽しみでしょうがない」といい、「彼ら(7 MEN 侍)も伝説(のアイドル)になってほしい」と背中を押した。

 新元号とは名前の「嶺亜(れいあ)」が一文字違いの中村は、「令和が決まった時は、いろんな方にいじってもらえた。名前に恥じぬように、いっぱい飛躍できるよう頑張ります」と、やる気満々。こちらは一文字少ない「黎(れい)」の矢花は、「名前に”黎”が入っている男の子はあまりいない。初めてCMに出させてもらったので、スタートダッシュだと思って新時代に頑張っていきたい」と力を込めた。

 本高らメンバー7人からは、「いつか東山さんとステージ上で共演できる機会があればうれしいです。8 MEN 侍として」とリクエスト。これには、東山も「やる気は持っているよ」と前向きに応じた。

 CMは10日からオンエア。続編シリーズにはジャニーズJrから「Jr.SP」の中村浩太、林蓮音、松尾龍、和田優希も出演する。リネージュシリーズは1998年にサービスを開始した韓国初のインターネットベースのオンラインゲーム。5月29日発売のリネージュ Mはオンラインストア上で事前登録数が150万人に達する人気を集めている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年5月9日のニュース