岡田准一「総回診」で登場「時代の移り変わり 自分の取り組み方も変わっていくと思う」

[ 2019年5月9日 05:30 ]

「白い巨塔」制作発表会見でフォトセッションを行う岡田准一(最前列)ら出演者(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 V6の岡田准一(38)が8日、都内でテレビ朝日の5夜連続ドラマスペシャル「白い巨塔」(22~26日、後9・00)の制作発表会見を行った。

 78年のドラマで田宮二郎、03年版で唐沢寿明(55)が演じた財前五郎役。過去5回の映像化作品がいずれもヒットした名作のリメークで、「令和の時代にふさわしい巨大スペシャルドラマになっていると信じております」と力を込めた。

 この日は松山ケンイチ(34)、沢尻エリカ(33)ら共演者が登壇後、「これより第一外科、財前教授による総回診を行います」とのアナウンスで、20人の外科医を伴って登場。作中の名シーンを再現し、会場の800人から喝采を浴びた。

 令和最初のスペシャルドラマで、自身にとっても令和最初の主演作。「時代の移り変わりを経験して、これから自分の取り組み方も変わっていくと思う。その変化を楽しんでいきたい」と語った。 

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月9日のニュース